最近ではナイトブラの必要性を理解して取り入れる人が増えてきました。
しかし、同じようなナイトブラであっても構造や機能はそれぞれ異なりますし、目的自体が異なる場合もあります。
ですから、取り入れる場合にはどのようなバストになりたいのか、どのようなケアを行いたいのかをしっかりと考えた上で選ぶことが大切です。

目的から考える場合、美しいバストを作る美乳対策とバストサイズをアップさせる育乳とがあります。
寝ている間にはバストが左右や上に流れてしまい、形が崩れる原因になります。

ですから左右や下に流れないようにしっかりとサポートすることが大切です。
形の良いバストを維持するためには、寝ている間のケアが非常に重要だといわれています。

また、周りに流れることによってバストサイズが小さくなりますので、周辺のお肉を集めてバストに定着させることでバストアップを図ることも目的の一つです。両方の機能を兼ね備えているものも多いのですが、その場合でもどちらか一方に力を入れていることが多いので、より目的に合ったものを選ぶためには詳しい機能を知ることが大切です。

形の整った美しいバストを手に入れたい時に利用するのは美乳ブラです。
特徴としては、カップの形が比較的しっかりとしていて伸縮性のある素材で作られています。
パワーネット採用のブラも多く、バストが背中や脇に流れるのを防いでくれますので、寝ている間に形が崩れる心配がありません。
カップの形はしっかりとしていますが、ワイヤーは入っていませんので安眠を妨げることもありません。

胸の大きな人は形が崩れやすいので、美乳ブラがお勧めです。
大きいと起きている時にも常に負荷がかかっていますので垂れてしまうことも多いのですが、美乳ブラを使用すると下垂も予防できます。
バストの小さな人に比べると大きな人は横になるだけでもかなりの負荷がかかっていることを実感しますが、大きければ重みがありますので当然のことです。

横向きに寝たり寝返りを打ったりする時にかかる負荷を軽減し、仰向けになってもバストの膨らみが崩れないようにきちんとサポートしてくれますので、バストラインを美しくできます。

また、卒乳後にはバストの大きさに関わらず形が崩れやすい時期ですので、妊娠前の形を取り戻したい時にも役立ちます。
同じ美乳目的であってもサポートの仕方や素材、縫製、肩紐のラインなど様々な点で差がありますので、着用しやすいものを選ぶことも大切です。

サポート力を重視するあまり、息苦しさを感じるものを選んでしまうと睡眠に影響が出ます。
心地良いつけ心地のものでも優れた美乳効果が得られるナイトブラもたくさんありますので、つけ心地にもこだわりたいところです。

バストを少しでも大きくしたい、ボリュームのあるバストを手に入れたいと考えている時に利用するのは育乳ブラです。
育乳を考える時にはサイズに合ったブラを選ぶことも重要であり、小さめのものを利用するとバストのお肉がカップから流れてしまってサイズが小さくなる可能性があります。

サイズの問題だけでなく、バスト周辺に無駄なお肉がついてしまい、メリハリのないラインが作られてしまいます。
ですから、自分に合ったサイズのブラを選ぶことが非常に重要であり、大きすぎるものも避けなければなりません。
サイズが合っていても日中につけるようなブラは血行を阻害することがありますので、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいバストアップできなくなります。

寝ている間もバストケアをしたい、バストアップしたいという人にピッタリの育乳ブラですが、美乳ブラと比較するとサポート力がやや弱いと感じることが多いようです。

しかし、育乳効果は正しく利用すれば得られるものですし、装着感もノーブラより楽と感じますので一度利用すると手放せなくなる人が続出しています。
胸が小さすぎて合うサイズがあるか心配だという人もかなりいますが、育乳目的のブラはかなり小さなサイズから用意されていますので問題ありません。

立体編みになっていたり、優れた伸縮性によって背中や脇のお肉を集めてバストに定着させるタイプが主流ですが、中には体を温めて血行を促進させることでバストへの栄養供給をスムーズにし、女性ホルモンの分泌を活性化させてバストアップを図るような商品もあります。

ナイトブラの選び方で大事なのは、サイズだけでなくつけ心地まで重視することです。
ナイトブラには細かなサイズ設定はされていませんので、アンバーバストとトップバストのサイズを参考にして選びます。
程良いフィット感のあるものがもっとも効果を引き出すサイズですので、フィット感にも注目したいところです。

装着することでかえって快適に眠れるような商品を見つけることができれば、寝ている間のバスト周辺のお肉の流れを予防しながら成長ホルモンも減らさずに済みますので、ナイトブラとの相乗効果が期待できます。

 

おすすめコンテンツ

錦糸町マッサージ