畑先生が教えてくれる!今度は延期が無さそうな消費税増税に備える節約方法

節約

畑恵先生が消費税増税についてアドバイス

2017年4月に上がりそうになっていた消費税10%アップへの増税を、政府はまだ8%に上げた時の景気悪化が続いているという事で2019年10月まで延期しました。

今度も選挙が近づいたら人気取りのために延期する可能性もありますが、お給料が一部政府の恩恵を受けている自動車などの大手の製造業やオリンピック特需に沸く建設業界では上がっているのかもしれないけど、殆どの業界ではお給料が中々上がらない中で増税などで、負担がアップした分を節約で賄うしかないです。

そこであまり無理せずに日常生活で行える今すぐにでも出来る家計の節約方法を紹介して説明します。
それぞれの消費を2%ずつ削ればいいですが、どうしても削りたくないお金はあるので、やはり削れるところからがっつりと削って、削らない所は残すメリハリが必要です。

そこで今までスーパーマーケットとかで、何気なくカゴに入れて買っていた商品から無駄を省くために、毎回カゴに入れてレジに並ぶ前に、1品でいいのでカゴの中で無駄と思われる物を棚に戻す習慣をつけると節約できると畑恵先生はおっしゃっています。

何故かと言うと、1品減らす習慣がつくとどんな商品が今までいらなかった物なのかを考える契機になり、それが切っ掛けで普段の買い物で無駄な出費を減らす事が出来ます。

実際に私もこのレジで精算する前にカゴの中から1品返す習慣がついたら、1カ月間のスーパーマーケットでの消費額を5%以上節約する事に成功し、日々の無駄な買い物をしない意識が向上しました。

1つ下の安いグレードのメーカーの製品に落とす

他にはスーパーマーケットで普段買っている商品を、1つ下の安いグレードのメーカーの製品に落とす方法もかなり有効な方法です。
TVでCMをバンバン流しているメーカーの製品はそれだけ割高に売られている事が多く、全くCMを流していない中堅メーカーの食品に落としたり、スーパーの安売りブランドに変えるだけで、かなり節約ができます。

私も昔はCMで流れている1流メーカーの食品の方が美味しいのではないかと買ってましたが、1つ下の割安メーカーの製品に変えてもほとんど変わらず、それだけ20%近い節約ができました。

長期保管が出来る加工食品の場合は、セールや特売日にまとめ買いする事もスーパーマーケットでの消費支出を減らせて節約できます。
但しこの場合で気を付ける必要があるのは、例えやすいからと言って不必要な物をきっと食べるだろうと買わない事で、普段消費する必需品だけを買う事が大切です。

私もセールの余りの安さに、インスタントラーメンの袋めんを箱買いしましたが、意外と賞味期限が短くて半分も食べないうちに期限切れで捨てる事になりかなり損をしました。

それ以外にも普段買っていたスーパーマーケットよりももっと安く商品が売られている安売りスーパーに変えるだけで、普段の買い物から20%ぐらいは安く買い物できて節約できます。

私も駅前の小綺麗な総合スーパーで昔は買い物してましたが、近所にできた安売りスーパーで買い物するようになっただけで、30%ぐらい食費を減らす事ができました。

燃費のいい軽自動車に変える

都会に住んでいて普通自動車を所有しているなら、燃費のいい軽自動車に変えるだけでガソリン代を大幅に節約する方法もあります。
さらに都会の賃貸で駐車場を借りている場合には、自動車が必需品ではなく趣味で乗っているだけなら処分して駐車場を借りなくするだけで大幅に節約する事が可能です。

私が住んでいる分譲マンションの駐車場を毎月5万円で借りて、週末に家族でアウトドアキャンプをして楽しんでましたが、思い切って処分して駐車場を返して、週末はカーシェアリングで借りるようにしただけでかなり節約できました。

自動車は車検や重量税などの固定費も掛かるので、必要ないなら都会では処分すればかなりの節約効果が期待できます。
他にも今ではスマホのクーポンアプリなどで、割引クーポンが買い物で使えるので、そういったアプリでの割引を使えば、さらなる節約が可能です。

また家族で毎週1回行っていた外食も続けたいのであれば、外食店を安く利用できるクーポンもあるのでそういった物を調べて利用して飲食すると節約できます。

光熱費を減らすために、夏場と冬場のエアコンの設定温度を普段より変えたり、極力使はない事で電気代をかなり節約できます。
私は夏場のエアコンの設定温度を27度から30度にして、冬場の設定温度を25度から20度で使うようにしただけで電気代を2000円近く節約できました。

消費税増税対策として、今年からは冬場のエアコンによる暖房を極力使わずに、外出用のコートを着て生活しようと計画してます。
それ以外にも家族旅行で毎年海外旅行をしていたのならば、それをもう少し安い国内の温泉旅行に変えるだけでもかなりな節約になります。

外食を頻繁に行う家庭なら、外食を一切行かないで自炊に変えるだけで、かなりの節約が期待できます。
私も週に3回は外食してましたが、自炊して家で飲食するようになってからは、毎月2万円ぐらい節約できました。
この方法は畑恵先生も推奨しています。

畑恵さんの現在の活動について