結婚式の準備をスムーズに進めるには

結婚式の準備はやることが多過ぎる・・・

結婚式の準備期間はとても忙しい上に、スムーズに進まないことも多くあって大変です。
ストレスとか焦りから喧嘩をしてしまうカップルも少なくありません。

私も結婚式準備を経験したことがありますが、やることが多すぎる上にスムーズに進まなくてよく彼と喧嘩になっていました。
とにかくやらないといけないことが多いので、準備するもののリストを作ったりいつから準備をしたらいいのかなど全体の流れを把握しておくことが大事になります。

式場の下見や見積もりを検討して予約する

式の8カ月前から4か月前くらいの間には、式場の下見とか見積もりを検討して予約を済ませておくことが大事です。
また仲人を立てるかどうかを決めたり、マリッジリングの購入もこれくらいの時期にしておきます。

衣装探しも早めに取り掛からないと素敵な衣装はすぐに他の人にとられてしまいます。
結婚指輪なども時期が迫ってから動き始めたら他の準備と重なってしまい多忙を極めることになるので注意が必要です。

式に参加をしてもらうゲストリストの作成

式に参加をしてもらうゲストのリストも作成しなければいけません。
特に友達をどこまで招待するかは誰もが悩むところになります。

地方の友達を招待する場合には交通費とか宿泊費を出さないといけませんし、費用をいくらくらい出せるのかも考えないといけません。
私は席順を決めていたら招待をするべき友達を自然と絞ることができました。
会社関係のゲストは上司をどこまで呼ぶべきか悩んだので、最終的に私は直属の上司に相談させてもらって決めたりしました。

式の3か月前からは超多忙なスケジュールに・・・

式の3か月前になったら、招待状のデザインも決めないといけませんし印刷もするべきです。
そして二次会の幹事の依頼をしたり、式場のお料理の試食とか映像作成を依頼する場合にはこのころくらいには依頼をしておかないといけません。

式の全体像が決まり、細かな内容を決定していく時期が3か月前くらいになります。
2か月前になると招待状を送ったり披露宴のプログラムを決めて余興の依頼もしていくべきです。
司会者も決定して引き出物も決めていきます。

式の1か月前にはメイクとかヘアのリハーサルを行いますし、披露宴のBGMを選んだり招待状の返信の確認なども行うことになります。
直前になったらエステとかネイルサロンにいったり、出席者の確認や新郎の挨拶の内容を考えたりもしていきます。

お心づけとかお車代も用意しないといけません。
とにかく早めに動いていかないと直前で慌てることになってしまうので、やるべきことは事前に確認しておくことが大事です。

結婚準備不安より抜粋